【相承(そうじょう)】 ご先祖様の仏心を受け伝えていく事。
養福寺では『相承』の精神の元、日々お勤めし、ご先祖様の永代供養をおこなっています。

◎永代供養には次のようなものがあります

| 日牌供養 |

住職が、毎朝のお勤め時に申し込まれた方のお戒名を読み上げ永代に亘り供養いたします。

| 月牌供養 |

毎月1日のお勤め時に申し込まれた方のお戒名を読み上げ永代に亘り供養いたします。

※上記供養料布施については直接お問い合わせ下さい

◎養福寺では生前に戒名をいただく儀式【生前戒名授与式】をお勧めしております

| 生前戒名 |

詳しくはこちら

●納骨堂・観音堂・合葬墓などのご紹介

納骨堂は、個人または夫婦・ご家族などで個別に遺骨を安置する事ができる室内のお墓です。
養福寺では毎月1日と15日に『納骨堂諷経』(お経をあげる)を行っております。
護持会(ごじかい)への入会及び管理費が必要です。
納骨堂の種類により330,000円より御利用いただけます。
※エレベーター完備

当寺院境内の観音供養堂は、家族単位ではなく、広く共同にご利用頂くお墓です。
10年間供養の後、合葬墓にて供養させて頂きます。骨壺ごとの管理で一体のご安置費用は300,000円、年間の維持費などは必要ありません。

当寺院の合葬墓は、身寄りのない方や墓守がいない方などにもご利用いただけるもので、ご遺骨は合同で安置させて頂きます。毎年9月のお彼岸に『合葬墓供養』を行っております。
一体のご安置費用は100,000円、年間維持費などの必要はありません。なお、当寺院の供養堂は石狩市浜益区濃昼(ごきびる)にあります。